1日1食 食事制限による健康とダイエット

1日1食 食事制限による健康とダイエットの情報基地 ネットショップ よろずやさん

通信販売ショッピングおすすめ特集や、お買い得な激安 最安値情報が盛りだくさん。
ネットで便利に早くお買い物。皆様のお役にたてる便利なネットショップです。

トップページへ
1日1,000億個の話題の乳酸菌サプリ! オルビスの大人気・1食おきかえダイエット『プチシェイク』販売


最近、ちょっとしたブームになっている
”1日1食ダイエット”。
1日1食には嬉しいメリットがいっぱい
1日1食はお医者さんもおすすめの食事法です
シンプルです、食事を一日一回、夕食だけ食べる。
朝や昼よりも、夜は休みに入る時間帯でもあり、人付き合いの意味でも、
朝昼より夜のほうが食べる時間としては理想、
そう思って夜だけ食べるようにしたのです。
一食は何を食べても自由。好きな物を好きなだけ
効果は早く現れます。私は6キロ一ヶ月で痩せました。

実は、現代人は食べ過ぎている


1日1食にするメリットが4つあると言われているので、紹介します。

1.ダイエット効果
体重は72.0kgに到達。10kg減に成功したのだ。

2.寝付きがよくなる
寝起きだけではなく、寝入りも快適になりスマホを眺めて不眠に陥ることはほとんどなくなりました!

3.健康体になる
朝・昼を抜いた副作用などはまったく出なかった。
栄養のアンバランスで出る口内炎にもならないし、
長距離歩いても平気。階段の昇りはかえって楽。

4.食べ物が美味しくなる
朝、昼と食事を抜く生活が慣れたからといってお腹が空く感覚は消えません。
この空腹の感覚を我慢した後にとる食事は、一日2食や3食の時と
比べ物にならないくらい美味しく感じます。


仏教の世界には、
「一日一食は聖者の食事。一日二食は人間の食事。一日三食は動物の食事」
という言葉があるそうです。

中世の西洋には、
「一日一食は天使の生活。一日二食は人間の生活。一日三食は獣の生活」
という諺があったそうです。

有名人でも一日一食の方がたくさんいらっしゃいます。

ビートたけしさん
福山雅治さん
タモリさん
ピンクレディーのミーさん
Gackt
辰吉丈一郎
サンプラザ中野
玉袋筋太郎
京本雅樹

などなどたくさん居ますよ!



1日1食のポイント

1、1日1回の食事はできるだけ夕食にする
基本的には、何をどれだけ食べても結構です。

2、朝と昼は、赤ちゃんの粉ミルク、果物から絞ったジュースか味噌汁、青汁、白湯にする

3、添加物は極力避け、新鮮な野菜や魚を使って調理する

4、良質なビタミン・ミネラルとして、野菜や果物を摂取する

5、良質なタンパク質として、魚介類や鶏肉大豆製品を摂取する

6、どうしても空腹が我慢できない時には黒砂糖かハチミツを舐める

7、食事はよく噛んで食べる

ただし、お菓子や、ケーキなどをがっつりと食べて終わりにするとか、
ラーメンやファーストフードで済ませてしまうのもダメです。
野菜やタンパク質など栄養バランスを考えて食事を摂りましょう。



空腹になると発動する遺伝子がある!

空腹状態が人間の体にとって重要な働きをする、
ということが近年明らかになってきました。
「空腹が体にいいって? そんなばかな!」
「そもそも腹が減ったままの状態でいたら、体に悪いだろう?」
ほとんどの方がそう思われることでしょう。


しかし、私は医学の立場からも、
自分の経験からも、その疑問に対してはっきり言えます。
「どんどん栄養を摂れば元気になれる、というのは古い考えである」。
いえ、それどころか、
「空腹でお腹が鳴ると、
体にいいことが細胞レベルでどんどん起きて、
若返りの効果がある!」 
とまでいい切れるのです。

わたしが今のような「一日一食」のライフスタイルになったのは10年ほど前、45歳のころからです。
それにはあるきっかけがあります。
じつは30代のときに、
ものすごい死の恐怖を味わったのです。

そのころの私は、開業医の父もまだ現役だったので、
大学で乳癌の研究や治療をしながら、
今思うとずいぶんのんびりと過ごしていました。
ところが35歳のとき、
父が62歳にして心筋梗塞で倒れてしまったのです。

どうにか一命はとりとめましたが、
それ以降、医師としての仕事を続けることはできなくなってしまい、そのまま引退。
私は大学での研究をやめて実家へ戻り、
父の病院のあとを継ぐことになったのです。

大学での気楽な研究生活とは違い、
人を使わなくてはならないし、患者さんからの苦情も受けなくてはならない。
急にストレス一杯の毎日になってしまいました。
そうしたストレスからつい暴飲暴食に走ってしまい、
みるみる体重が増加。
現在より15kgも多い77kgまで太ってしまいました。
ドンドン栄養を摂った結果です。

食べないことがなぜ健康にいいのか?


●人類生き残りのカギは『生命力遺伝子』

1日3食、食べるのは当たり前。
現代ニッポンに暮らす大多数の皆さんは、おそらく何の疑いもなく、
そう考えているはずです。


でも、この地球上に人類の祖先が出現してから17万年の歴史をたどってみたとき、
人間が3食、満腹するまで食べられるようになったのは、
わずかこの数十年のこと。
どんなに長く見積もったとしても100年にも満たない、
つい最近の話です。

国内でいえば戦後の焼け野原から復興して高度経済成長を迎えて以降のことで、
少なくとも戦前・戦中もそれ以前も、
一般庶民がお腹いっぱい食べられるということはなかったのです。

毎日3度3度、満足に食べられないことのほうがむしろ当たり前だったからこそ、
「十分な栄養を摂ることが健康の秘訣」
などという神話が生まれたのでしょう。

そもそも、食事が決まった時間にできるようになったのは、
稲作文化が始まってからのこと。
中国で稲作が始まったのは、紀元前2000年前後からですので、
ここ4000年余りの話。
それまでの16万6000年という間は狩猟文化の時代で、
獲物がとれないときは何日間も食事にありつけなかったのです。

もっとも、稲作文化となってからも、
天変地異や気候の変動による飢饉が
世界中のあちこちで幾度となく繰り返されてきました。
つまり、人類の歴史は、
常に飢餓との闘いだったといっても過言ではありません。


つまり、人類存亡の危機を何とかかいくぐって、
生き延びてきたものの子孫であるわたしたち現代人には、
飢えや寒さや感染症のときこそ生きる力が湧いてくる
「生命力」というものがあるのです。

その生命力の源こそが、
私たち人類が危機を乗り越えることによって獲得してきた
「生命力遺伝子」なのです。

生命力遺伝子は1つの遺伝子ではありません。
飢餓に打ち勝つ「飢餓遺伝子」、
飢餓状態において生き残る「延命遺伝子」、
飢餓状態のときこそ出生率を高める
「繁殖遺伝子」、感染に打ち勝つ「免疫遺伝子」、
癌と戦う「抗癌遺伝子」、老化や病気を治す
「修復遺伝子」など数え切れないほどの遺伝子が、
わたしたちの体に備わっています。

ただ厄介のは、飢えや寒さの状態のおかれないと
生命力遺伝子は働かないこと。
さらに飽食状態では逆に、
体を老化させ、出生率を下げ、 免疫力が自分の体を攻撃するほうに働いてしまうことです。


水を飲んでも太るワケ

よく、ダイエットに失敗しては、
「私って、水を飲んでも太る体質だから」などと
冗談めかしていいわけする人がいます。
実際に水を飲んで太るかどうかは別としても、
この言葉はある意味で人間の特性をいい当てています。

人類の歴史の大半を占めていた
飢餓の状態を生き抜くに当たって、
私たちの祖先は、少ない食べ物の中から、
できるだけ多くの栄養を吸収しようとする遺伝子を獲得してきました。
それが「生命力遺伝子」を構成する遺伝子のひとつ、
「飢餓遺伝子」と呼ばれるものです。

ようやく食べ物にありついても、
次はいつありつけるかわかりません。
そこで少しでも食べ物を摂取すれば、
それをすかさず脂肪として体に蓄える体質を獲得しました。

そう、私たちの体は
ちょっと食べるだけで太るようにできているのです。
そうでなければ、私たちの祖先は
飢餓との戦いの歴史を生き残ってこられなかったでしょう。
ですから、少しの量の食事でも
太ってしまう体質は人類の進化の結果なのです。

食事を効果的に脂肪に変えて温存する
「飢餓遺伝子」は、その働きをズバリ示して、
「倹約遺伝子」と呼ぶこともあります。

テレビで見る大食いタレントの中には、
いくら食べても太らない痩せタイプの人がいますが、
これは「飢餓遺伝子」が欠如した珍しいケース。
実際に飢餓が訪れたら滅んでしまうでしょう。

一般的には、食べた分だけ内臓脂肪がつくのが
自然の摂理にかなっています。
それによって、人類はこの17万年間生き抜いてきたのです。



<1ページ><2ページ><3ページ>
1日1,000億個の話題の乳酸菌サプリ! オルビスの大人気・1食おきかえダイエット『プチシェイク』販売

楽天市場

Amazon

Yahooショッピング
イオンショップ
イオンショップ

パーク
(ショッピングフィード)

インテリア小物 生活雑貨 インテリア・家具 食品・食材



Copyright (C) 2009-2016 通信販売のネットショップ よろずやさん All Rights Reserved.
商取引法に基づく表示 プライバシーポリシー